2019年2月4日月曜日

米軍厚木基地所属の兵士による海老名市個人宅侵入事件に断固抗議する

2月4日に在日米海軍司令官、基地司令官に対して、米軍兵士による個人宅侵入事件に抗議をしに行きました。 報道では、2月2日に海老名警察署は、住居侵入の疑いで厚木基地所属の2等兵曹の容疑者を逮捕したと発表しています。 米兵は住宅に侵入しシャワーまで使用して住人の前に現れ、現行犯で逮捕されました。 厚木基地の渉外部が対応しましたが、「事件についてはなにもはなせない」と兵士についてパイロットなのか整備員なのかも答えられないとして、米軍人は基地外での行動はどう管理されているのかも、まともに答えがありませんでした。 再発防止に努めるとしていますが、今後どうしていくのかは不明です。 米軍人の事件・事故をこれ以上起こさないよう求めていきます。

2019年1月23日水曜日

14日からハンドマイクで地域を回って、宣伝をしています。 はじめて会う方から、「年金が減り医療費が増えて大変です。なんとかしてほしい。」と声が寄せられました。 福祉や社会保障を充実を求めていくことを話すと、「友達にも話しておくので、頑張ってほしい」とエールをいただきました。 公園の隅で宣伝をしていると子ども達に囲まれ、緊張のなか演説をして、最後まで聞いてもらい拍手を受け励まされました。 通りを歩いて宣伝をしていると、みなさんから声をかけていただき励まされ、力となっています。 これからもみなさんのために頑張っていきます。

2019年1月22日火曜日

青年のつどい

ボーノ相模大野にある、ユニコムプラザさがみはらで、「青年のつどい」を行いました。 私から、相模原市政について、大型開発が目白押しであることや開発優先に税金が使われていることを説明しました。 子ども若者未来局ができたこと、高校生向けに返済不要の給付型奨学金制度ができたことを紹介しました。 今後、若者むけに施策を充実するため、取り組んでいくなかで、どんなことに取り組んでいく必要があるか、参加者のみなさんと懇談しました。

2019年1月12日土曜日

羽生田ニュース1月号できました

みなさん明けましておめでとうございます。 今年も、一人ひとりが大切にされる社会実現をめざして、取り組みます。 相模原市を、みなさんが住み続けたいと思えるよう、住民が主人公のまちづくりを進めていきます。 今年もよろしくお願いします。

2018年12月22日土曜日

21日に、予算要望書を市長に提出しました。 また、日本共産党でおこなった、市民アンケートの結果も添えて、市民の実態を市長に示しました。 要望では、国保税の引き下げや全小中学での少人数学級の実現、特に今年の大規模災害が起こったことから、防災への予算拡充を求めるなど、すべての分野で重点項目をたてました。 これまで、一般質問などで要望してきたことを、細かく要望にするなど、31年度予算に反映するよう、要望をしました。

2018年10月14日日曜日

シルバー人材センターの働き方改善へ

6月議会で市営駐車場での働き方の改善にむけて質問しましたが、議会では改善に向けて担当課などに国のガイドライン(会員に支払う配分金を最低賃金を勘案した額にする)を周知していくことで改善を図っていくことにとどまりました。 議会でとり上げるなか市営駐車場で働く方たちが、シルバー人材センターへ要望するなどの経過もあり、「5年かけて会員に支払う配分金を最低賃金に近づける」というシルバー人材センターが方針を示しました。  市が運営する施設での働き方について責任ある対応を求め、こうして具体的に改善が示されたことをうれしく思います。これからも働き方の改善など取り組んでまいります。

2018年10月6日土曜日

衆議院第2議員会館へ

ミサイル防空司令部が相模総合補給厰に配備されることが、9/28にわかりましてさっそく防衛省と外務省に聞き取りと抗議にいってきました。